しぼりたてチャイナ

知られざる中国の魅力をしぼっていきます

中国・貴州省の山奥の村で、侗族のおじいさんの家に泊めてもらった 中国大陸版【田舎に泊まろう】②

 

前回記事:

中国・貴州省の山奥の村で、侗族のおじいさんの家に泊めてもらった 中国大陸版【田舎に泊まろう】 - しぼりたてチャイナ

 

 

 

前回に引き続いて、中国・貴州省の山奥にある、Google Mapで見つけたいい感じの村を目指して山道を進んでいきます。

 

続きを読む

香港デモ 中国国内での反応 周りの人は結構普通に知っていた

 

これまで3回ほど連続して香港デモについて書いてきましたが、今回は香港の一連の動きに対する中国国内での、私の身の回りの反応について書いていきたいと思います。

 

続きを読む

中国・貴州省の山奥の村で、侗族のおじいさんの家に泊めてもらった 中国大陸版【田舎に泊まろう】

 

3年前に中国へやって来た時には、列車のチケットの買い方もろくに知らず、宿の取り方もわからず、まして人のうちに泊まるなど、外国人が中央政府に黙ってそんなことをしたら国外追放されてしまうんだろうな、などという勝手な社会主義的偏見に満ち満ちていた当初の私ですが、ここまでまったく拍子抜けするくらい誰にも相手にされていないので、むしろ物足りなさすら感じているこの頃です。

 

実際、中国では列車に乗るのにも宿へ泊まるのにも身分証(パスポート)で記録が取られてしまいますし、街中ではそこらじゅうに監視カメラが設置されているし、私のような行動の怪しい外国人はどこかへ出かけるときにはしっかりと誰かにマークされているんだろうな、などと神経を尖らせていた当初の私の考えが、今となってはもはやバカバカしく思えるほどです。

 

(とは言っても、ここまで何もなかったからといってマークされていない証明にはならないのですが。。)

 

つまり何が言いたいのかというと、中央政府が私を放牧してくれているおかげで、中国各地で、これから書いていくような貴重なふれあいができていることに感謝したいということと、こういう生のままの飾らない素朴な中国をできるだけいろいろな人と共有したい、ということです。

 

そこで今回は、貴州省の侗族(ドン族)の村を訪れて、一泊泊めてもらった時のはなしをします。

 

続きを読む

香港旅行 おすすめのプチ登山 香港島南部の小山、玉桂山から眺める百万ドルの夕日

 

皆さんは香港といえば何を思い浮かべるでしょうか。点心?高層ビル群?百万ドルの夜景?

 

香港へ行って見るとわかるのですが、ネオンの鮮やかな繁華街や、ギチギチに密集した高層ビル群などは実は香港の一部でしかありません。

 

実際の香港は大部分が山地で、すでに開発された土地は香港の全面積の25%しかないと言います。(ウィキ)

 

ですので香港市民は休日になるとハイキングへ出かけたり、離島へクルーズしたり、ビーチでのんびりしたりと、香港はアウトドアの選択肢には事欠かない場所なのです。

 

私は香港に行く機会がやたらと多く、よく郊外を歩き回っているのですが、前回訪問した際についに念願の香港登山を果たしたので、ここでご紹介したいと思います。

 

続きを読む

香港「反逃亡犯条例200万人デモ」を実際に見に行ってみた 2019年 6月16日 ② 写真で見る香港市民デモの実態

 

前回に引き続いて、香港史上最大規模のデモ、6月16日の逃亡犯条例反対デモを見てきたレポートを書いていきます。

 

今回はデモの中で目撃したいろいろな出来事について、写真と一緒にお伝えします。現場の雰囲気が伝わるかと思います。

 

 

 

前回記事:

香港「反逃亡犯条例200万人デモ」レポート 2019年 6月16日 ① デモの参加人数 - しぼりたてチャイナ

 

 

 

続きを読む

香港「反逃亡犯条例200万人デモ」レポート 2019年 6月16日 ① デモの参加人数

 

おととい6月16日に香港で行われた、「逃亡犯条例」に反対するデモ。

 

デモの主催団体、「民間人権陣線」の発表によると、総参加人数は200万人、香港史上最大のデモと言われ、世界各地で大きなニュースになっています。

 

香港ではこのデモの直前1週間の間に、すでに2回の大規模なデモが行われていて、その際に市民と警察が激しく衝突したため、世界中でかなり大きく報道されていました。今回のデモではいったい何が起こってしまうんだろうと私はいてもたってもいられなくなり、実際に香港に行って、デモを初めから(ほぼ)終わりまで見てきました。

 

続きを読む

中国・福建省の市場で納豆を発見してしまった

 

2018年の2月、この年の旧正月を、福建省東部にある、古田県という場所の友人宅で過ごさせてもらった。

 

合計でおよそ7日間くらい居候させてもらったのだが、ある日のこと、鎮の市場(日本でいうと村に当たるか)を一緒にプラついて、何か珍しいものがないかと探していると、お肉や野菜の山の間に、非常に見慣れた光景を目にしてしまった。

 

なんと納豆が売られていた。

続きを読む